【魂中心の占星学】って?〜今世の人生の疑問が解ける占星学

みなさん、こんにちわ。彩月しおんです。

今日は曇りでなんとなく涼しい関東。今週は突然の雷と豪雨で電車が止まったり、場所によっては浸水したり、落雷したりと大変なスタートでした。また明日は猛暑が戻ってくるそうですが・・・。今年は夏が長く感じて、いつ終わるのだろうと日々思ってしまうのですが、よく考えたら夏が始まったのが例年より1ヶ月も早かったですものね。長く感じるのも当然ですわ(汗)

【西洋占星学】との出逢い

今日は【魂の占星学】についてお伝えしていこうと思いますが、まず私が【西洋占星術を学ぼうと思ったきっかけ】をお話ししようと思います。

私のブログにきてくださる皆さんは、占いやスピリチュアル、ヒーリング、リーディングといった「目に見えないもの」に関心を持たれている方々だと思います。私は長年医療の現場におりましたが、数年前に突然「なぜかスピリチュアルを学ばねばならない気がする。」と感じ、講座に飛び込んで様々なスキルを身につけると同時に、迷子になりながら何人もの著名サイキックの方やチャネラーの方とのセッションを通じて、何となく自分の進む道が見えてきたのか・・・な?・・・といった今があります。(まだまだ迷子なのですが。)それまでは全くご縁のなかったものでしたが、学べば学ぶほどに「スピリチュアルは正しく学んで正しく使えば、人生が楽になるツール」だと確信しましたし、自分自身も人生に対する視点が俯瞰的かつ客観的になってとても楽になりました。それと同時に「人生とは何か?」「魂とは何か?」「なぜ私の魂は今世このような人生を選んできたのか?」「何のためにこの人生を生きているのか?」と言った疑問が湧いてきて、もっともっと深く追求したいと思うようになりました。私はもともとバリバリの理系人間ですし、「宇宙の導きや、神に守られているとしか思えない!」ということが今までの人生幾度となく起きていることも理解しつつ、非常に現実的な部分も持っているので、今のところ【透視リーディング】もできますが積極的にやることはなく、自分の主観や妄想が入らないのとクライアントさんにもわかりやすいということで、主にタロットカードやオラクルカードを使って鑑定をしています。

絶賛迷子中のある日、色々な方向から【西洋占星学】というテーマがやってくるようになりました。まず、講座仲間の西洋占星術師さんが「久しぶりに皆んなに会いたい!」と、ご自身のオリジナル占術も絡めたワークショップで全国行脚をしてくださいました。その時に簡単なホロスコープの読み方を教わったのですが、あまりに「その通り!」だったのでとんでもない衝撃を受けたんですね。「マジですごくない、コレ!?」と驚愕しました。

その頃、私はドゥーガル・フレイザーさんのグループセッションを受けていました。(その時の記事は【ドゥーガルとの再会&決意】をご参照くださいませ♪)その時に「君は占星学と数秘術が合うよ。」と言われていて、私も何となく占星学と数秘術に興味があったので「そっかー。」と思っていたのです。

そしてさらにその頃、数人の講座仲間とSkypeで定期的にミーティングをしていました。その時に仲間の一人が「こんな動画があったのでシェアしますね。」と送ってくれたんです。その方の動画は私もYoutubeを見るたびにサイドに表示されていたことに気がついていましたが、見ていなかったんですね。しかし、仲間からも見るようにというメッセージが来たということは「見ろ!」ということだと思い見てみたところ「私が求めていたものの一つだ!」と。その方(現在は私の【魂中心の占星学の師匠】です)はアメリア在住の日本人の方で、オラクルカードリーディングと新月・満月のエネルギー解説を定期的に配信されていたのですが、内容がまさに私が求めていた【真に地に足のついたスピリチュアル】でしたし、我が師匠が動画でお伝えしていたのが日本ではあまり知られていない【魂中心の占星学】だったのです。

そんなこんなで「占星学を学びたい!」という熱がフツフツと湧き上がってきました。しかし、この頃は師匠は講座をしていなかったですし、私自身も占星学の知識が全くない状態でしたので、まずは西洋占星学の基礎を学ぼうと学校を探し「ピン!」ときた新しく開設された学校に飛び込んで「まさに、この方!」という日本にいる師匠に出会うことができました。今はその学校のカリキュラムを修了し、研究科に所属して師匠や仲間とともに研鑽を積むと同時に【魂中心の占星学】の講座も受講しているところです。

【占星学】って実はとっても奥深いものなのです

【占い】というと、一番身近で思い浮かぶのは【星占い(星座占い)】だと思います。雑誌やテレビなどでもよく【今週の星占い】を目にすると思います。でも、どうでしょう?「あまり当たらない」「ピンとこない」といった印象を持たれている方が多いのではないでしょうか?【星占い(星座占い)】というものは、生まれた時の太陽の星座だけで見ているもので、星座は12種類しかありません。血液型と同じで世の中の人を12種類に分けて、その星座グループの人たちが全て同じ運勢になるのかな?と考えると、少し無理があるかなと思います。

【占い】は大きく3種類、【命占】【卜占】【相占】に分けることができます。

  • 【命占】:生年月日・出生時間・出生地から読む占術
  • 【卜占】:全ての物事は必然であるということから、占った時に出た象徴などで読む占術
  • 【相占】:その時の状態や起こる出来事が顔や手など体に現れることから読む占術

【命占】としては、西洋占星学や四柱推命、紫微斗数、算命学、数秘術などがあげられます。生まれた瞬間の星の配置やエネルギーなどから、人生全体の運気の流れなどを見ていくものです。

【卜占】としては、タロットカードやルーン、易などがあります。その時に偶然出てきたものを使って見ていくので、長期的なものや持って生まれた運命というよりも、近い未来や具体的な質問に対する答えを見るのに適しています。

【相占】は、手相や顔相、家相など形があるものを元に見ていくものです。元々持っている運気を見ることができるのはもちろんですが、運気の流れが変わったり、何か出来事が起こる時などに手相や顔相が変化して知らせてくれます。

【西洋占星学】は【命占】の一つです。生年月日・出生時間・出生地から生まれた瞬間の天体の配置を割り出し、ホロスココープという配置図を作って読み解いていきます。同じ生年月日の人は世の中に大勢存在しますが、出生時間や出生地も含めて星の位置を出すことによって、個人個人の固有エネルギーや人生の流れを見ていくことができるのです。

【西洋占星学】の歴史は非常に古く、人類が夜空の星を観察するようになったのは紀元前まで遡ります。様々な時代で西洋占星学は使われてきました。そして、その長い歴史の中で様々な手法が見出され、技術の進歩によって肉眼では見えない天体を発見するようになり、【西洋占星学】はどんどんと発展していきました。今も時代の流れに合わせて発展し続けています。

【西洋占星学】を始めとする【命占】は複雑な体系を持つ占術で、統計学的なものや緻密な計算を元にしています。複雑ゆえに習得するまで長い時間と多数の経験を必要とします。【西洋占星学】は単なる【星占い】といった簡単で単純なものではなく、実はとても論理的な占術であり、長い歴史の中で培ってきた経験や証拠・データから統計学的に導き出されている的中率の高い占術となります。

【魂中心の占星学】とは?

それでは【魂中心の占星学】とはどのような占星学なのでしょうか?

【西洋占星学】は長い歴史の中で様々な手法が確立されてきました。天体望遠鏡のない古い時代には【古典占星学】と呼ばれる占星学が誕生しました。私たちの肉眼で見える天体は「土星」までとなりますので、【古典占星学】では土星までの天体を使って読んでいきます。天体望遠鏡が開発されると、もっと遠いところにある天体も発見されるようになってきました。「土星」より遠いところにある「天王星」「海王星」「冥王星」と呼ばれる外惑星と、計算で導き出される「感受点」というポイントなどを使って読み解くものが【現代占星学】で、現在広く行われているものです。【魂中心の占星学】は近年確立されてきた占星学になります。歴史は浅いですが、今の時代の流れに合わせて誕生してきたものです。【魂中心の占星学】は文字通り「魂の視点」から読み解く手法で、スピリチュアル的な解釈が根底にあります。「私たちは魂の進化と学びのために、今世この時代にこの国、この両親、この環境、この人生、この星の配置が持つエネルギーを自分で選んで肉体を持って生まれてくる」というスピリチュアル的な考え方です。

【現代占星学】でも「人生こんなことが起きて、こんな風になっていきますよ」ということは読めるのですが、「では、なぜそのような人生を自分で選んできたの?」という理由がわからないのです。【魂中心の占星学】の手法では【魂の声】を聞くので、その理由がよくわかるのです。

【魂中心の占星学】は輪廻転生、魂の方向性、学び・課題、過去生などを中心に読み解いていきますので、パーソナル天体(土星まで)を中心に使う【現代占星学】よりも、トランスパーソナル天体(天王星より先)を重視して読んでいきます。

【魂中心の占星学】で読むことで・・・

【魂中心の占星学】で一人一人の人生の羅針盤である【ホロスコープ=魂のブループリント】を読むことで、今世のあなたの魂がどんなことを経験してどんな成長と学びをしようとしているのか、どんなことを意図しているのか、【あなたの魂が望む人生】を知ることができます。魂の声を聞くことで「今までの困難な出来事や辛い経験は、魂がこの学びと課題に取り組むためのものなのだ」ということに気がつけば、今までの苦しみに納得ができて腑に落ちていきます。そうすると不思議なことに、人生に起こる事柄に対して客観的な視点を持つことができるようになっていくんですね。何か困難なことや突然の事件が起きたとしても「これはこういう学びのために起こっているんだな。」と冷静に物事を見ることができるようになっていけるようになります。

【魂中心の占星学】は【気づくことで視点が変わることで課題を解決し、魂の進化を促していく】ことができるのです。実際に私も今の師匠の4時間にも及ぶセッションを受け、強く実感しました。魂中心の占星学は本当にパワフルなツールだと確信しています。

【魂中心の占星学】を体験できる【魂のブループリント鑑定】

【魂中心の占星学】は比較的新しく、とても複雑な体系の手法です。また、日本ではほとんど行われていないので、なかなか馴染みがないと思います。しかし【現代占星学】よりも奥の奥の深いところまで読んでいきますので、本当にパワフルな手法です。私は今の師匠のセッションを受けた時に「あなたは普通の占星学では満足できないはずから、この占星学を是非学んでセッションしてあげて欲しい。」というお言葉をいただき、日々研鑽を積んでいるわけですが・・・本当に深くて自分の中にしっかりと落とし込むのが難しいです(汗)しかし、雑誌やテレビで見られるような【エンターテイメント系星占い】ではなく【本当の西洋占星学】の凄さを知って欲しいし、このパワフルさを体感していただきたいと常日頃願っているからか、友人と話していても「星読み」のことになると興奮してしまって、いつまでも語り続けるような状況になっています。それくらい興味深い【占星学の世界】に少しでも触れていただきたいと思い【魂のブループリント鑑定】としてのメール鑑定をご提供しています。なかなかご紹介することができずにいるのですが(アメブロにはいくつか書かせていただいています)、実際に鑑定を受けてくださった方々からは嬉しいご感想をたくさんいただいており、感想から皆さんの笑顔が伝わってきて「やっててよかったな」と日々実感しています。

タロット鑑定でもそうですが、本来なら皆さんのホロスコープを読ませていただいた上で、実際にお会いして対面セッションをした方が効果は絶大ですので、近々対面セッションを本格的にやっていこうと考えています。【魂中心の占星学】でのセッションをしっかりとできるようになるには数年はかかると思いますが、しっかりとお話を伺いながらセッションをしていくことで、お一人お一人の状況にあったアドバイスができると確信しています。それに皆さんと一緒に美味しいお茶とスイーツをいただきながら、ゆったりとセッションしたいですし。

【魂中心の占星学】をぜひ体験してください!

このブログを読んでいらっしゃる方の多くは【本格的な占星学】のセッションを受けられたことはないと思います。インターネット上の占いで各種ホロスコープ鑑定を受けたことがあるという方は多いかもしれませんが、あくまでもコンピューターが出している結果ですので、【エンターテイメント系星占い】よりは当たるかもしれませんが、やはり一人一人の状況にあっていない場合も多く見られると思います。私のご提供している【魂のブループリント鑑定】では皆さんの魂の声を色々な側面からお伝えしていきます。そして、まずは「お試し」として簡単な結果のお伝えにはなりますが【超プチ無料ホロスコープ鑑定】もご提供しています。ぜひ一度【本格的な占星学】に触れていただいて【占いってすごいのね!】という驚きと感動を味わっていただきたいと思っています。

関連記事

  1. 今週のメッセージ(3/28〜4/3)

  2. 神聖ワンネス塾スタート!

  3. 開運のコツは?〜魂のブループリント鑑定〜

  4. 今週のメッセージ(7/4〜7/10)

  5. スムースに動くタイミング到来!

  6. 今週のメッセージ(8/8〜8/14)

  7. 【命術】は人生のナビゲーションシステム

  8. 2018年、お読みいただきありがとうございました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。