【暗号通貨(仮想通貨)5 】西洋占星術から見た暗号通貨と金融革命

皆さんこんにちわ。開運コンサルタント 彩月しおんです。

長かった酷暑も終わりを迎え、いつの間にかすっかり秋めいてきましたね。先日、ふらりふらりと散歩していたら洋服屋さんも秋物になっていたことに、ようやく気がつきました。

さて、今日は暗号通貨シリーズ5回目。いよいよ星読みのお話をさせていただきます。今まで全然占いと関係ない話だと思われたかもしれませんが、なぜ星読み師の私がここまで暗号通貨の可能性を強く感じているのかがわかると思います。

天体から見る今の世界の流れは?

まず現在、天体の配置がどうなっているのかをお伝えしていきたいと思います。火星までの周期の早いパーソナル天体については割愛させていただきますね。

現在、約1年ごとに1つのサイン(星座)に滞在する拡大・発展をもたらす木星は蠍座にいます。蠍座に天体を持つ方はその影響を受ける1年となります。太陽蠍座の方はいわゆる12年に一度のラッキーイヤーと言われる年ですね。2018年11月8日頃まで滞在しています。

木星が蠍座にいますので、この期間の大きなテーマとして「シャドーワーク」があげられます。自分の心の奥にある見たくないドロドロとした感情や思い、欲望などに嫌でも向き合わされた方も多かったのではないでしょうか。ここでしっかりと出すことによって、次の射手座は木星が支配するサインでもありますから、自分自身の真実、本当に望むことに向かって行くことができると思います。残り2ヶ月弱、もう少し頑張りましょう♪

30年で1周りする土星は冥王星と一緒に山羊座にいます。お一人お一人のテーマは出生図と重ねて見ないとわかりませんが、山羊座を支配する天体である土星が滞在していますので、世界的に社会的なもの、国家、権威などにフォーカスが当たっています。冥王星も山羊座にいますので、芸能人や著名人、社会的なもの、国家、権威などの奥の奥に隠されていたことや秘密などが暴かれて根底からひっくり返されていきます。日本でも世界でもここ1年くらい、実に色々なことが出てきていますよね。まだまだ出てくると思いますよ。木星蠍座のシャドーワークも手伝ってか、この1年は次から次へと凄かったですね。

海王星は魚座にいます。魚座も海王星が支配するサインですから、海王星魚座のテーマが強く出ています。境界線がなくなる、ワンネス、宇宙に委ねるなど色々とありますが、まさに昨今盛り上がりを見せ世の中でも認知されてきた「スピリチュアル」ブームはこの影響ですね。

さて、一番に注目したいのが天王星です。天王星は変革の星。そして電気やIT、占星術なども意味します。その天王星が今どこにいるかというと、2018年5月16日頃に牡羊座へ移動しましたが、2018年8月8日頃に逆行が始まり2018年11月7日頃に牡羊座に戻っていきます。来年2019年の1月7日ごろに逆行が終了し、2019年3月7日頃に再び牡牛座へ入り、2026年までの約7年間滞在します。

天王星は一度牡牛座に入りましたが、しばらく牡羊座に戻るので、本格的に牡牛座天王星のテーマが始まるのは来年2019年の3月からとなります。牡牛座の意味するところとしては「自己価値、自分自身の技術、五感、自給自足、農業、地球・ガイア」などがあげられます。実際、太陽牡牛座の方は五感を使って感じられるようなもの(香りや手触り、味など)が好きですし、感覚や感性を活かし玄人のような技術で物を作ったり、表現したりすることが好きでしょう。そして「自分自身の技術、自給自足」から「自分で稼ぐお金」もテーマになります。天王星は変革の星ですから、来年2019年の3月からは「お金」についての大きな変化、「社会的なお金の変化」が起きていくと予測できます。

牡牛座天王星で何が起こる?

さて、来年から本格的に始まる牡牛座天王星は具体的にどうなっていくと予測できるでしょうか。

天王星は水瓶座を支配する天体であり【変革の星】です。そのエネルギーは例えていうなら【稲妻・ライトニング】であり、突然【ドッカーン!】と全てを破壊して変えていくような強烈なエネルギーです。イメージとしてはタロットカードの【塔】のカードですね。水瓶座は高い視点で物事を俯瞰していく風の知性のエネルギー。独創性やオリジナルにこだわり、頭の良い変わり者のイメージで、天王星のように突然の閃きと突拍子も無い独創的なアイデア、先を見抜く力で時代を変えていきます。

天王星が牡牛座にいるということは、この7年間で牡牛座のテーマに大きく変革が起きていくということです。

牡牛座は農作物やお金、天王星は最先端の技術・テクノロジーを意味しますから、例えば農作物・農業などと最先端のテクノロジーを融合させて、新しい農作物を創り出したり、宇宙空間で新しい技術を使って農作物を育てるとかということもあるかもしれません。ただ、地球・大地がもたらした自然の恵みを人間の知性で創り出したモノに変えていくことは、どうなのかなぁと私は思っています。すでに、より早く成長するように、よりたくさん収穫できるように、劣悪な環境にも耐えうる強さを得るように、害虫の被害を防ぐためなどに「遺伝子組換え作物」も作られていますが、なかなか消費者としては気になるところですよね。テクノロジーで操作して作り替えた作物を自分の中に取り入れて大丈夫なのだろうか?安全性はどうなのか?そして、神の創造したものを人間が手を加えることに対して宗教的に違和感を感じる人もいるでしょう。

では【お金】についてはどうでしょうか?この【暗号通貨シリーズ】でも【お金】について書いてきて、【お金とは何か?】というお話もしました。(詳しくはコチラ))貨幣や紙幣はあくまでもモノであり、世の中の人々のお約束と認識を元に、食物や衣類、家、サービスなどあらゆるモノ・物質的なものなどと交換するためのツールとして機能しているわけです。【お金のカタチ】も変化してきました(詳しくはコチラ

【お金という交換ツール】が【貨幣・紙幣というモノ】という牡牛座的な物体・モノという形で流通しているところに、最先端技術を司る変革の星・天王星がやってくるということですから、最先端技術とお金が融合するような【金融革命】が起こると予想できます。ちなみに前回の天王星牡牛座の時代は約84年前です。この時代は世界全体が大きく変化していた時代ですね。

『【最先端技術】と【お金】の融合』というキーワードが象徴しているのが、まさに【ブロックチェーン技術を用いた分散型の金融システム】、つまり暗号通貨なのです。もちろん少し前から人々の生活に浸透している電子マネーもお金の新しいカタチですが、暗号通貨はもっともっとグローバルなシステムで、まさに【第4次産業革命】と呼べるものとなるでしょう。

金融システムの今後

今後、本格的に天王星が牡牛座へ入ってから約7年間の間に、金融システムは大きく変化していくと思います。そして牡牛座は「自分が稼ぐお金」がテーマでもあります。人々のお金の稼ぎ方、仕事のあり方も、今までと全く違うものになっていくでしょう。今まで様々な内容で【暗号通貨シリーズ】を書かせていただきましたが、【暗号通貨】を日本円を増やすためのギャンブル的投機のツールとしてではなく、大きな可能性を持つ次世代のツールであることを認識していかれることをお勧めします。

関連記事

  1. LINE トーク占い鑑定スタート!

  2. 【新月のエネルギー】2019年2月5日水瓶座15度45分

  3. 2020年に向けて星の動きも本格始動!その4:天王星 牡羊座・牡牛座

  4. 【アストロダイス講座】大盛況で終了!ありがとうございます!

  5. 2019年最初の新月はスゴイ!

  6. 【新月・満月ナビ】特別編:2020.4.1.火星土星合〜2020.4.…

  7. 【暗号通貨(仮想通貨)4 】〜暗号通貨の本当の可能性

  8. 【暗号通貨 (仮想通貨)2】お金のカタチについて考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。