皆さま、ご無沙汰しております。決意表明・・・かな。

皆さま、ご無沙汰しております。彩月紫苑です。

お正月にイヤーリーディングをしたまま、めちゃくちゃご無沙汰してしまいました💦

皆さま、お元気になさってましたでしょうか?

一気に暖かくなって桜も散ってしまい、スギ花粉からヒノキに変わってきた今日この頃。

私は今、着る物がよくわからなくて困っています(笑)

 

さて、彩月は今年に入ってから、某所にて占い師修行の激務を行なっております。

正直、日々千本ノック状態で疲弊しております。

そんなわけで、とてもじゃないですけど疲れ切ってしまって他のことをする元気がなく。

波動が低すぎて私もかなり喰らってしまうのです。

占いジプシーの方、いろいろなことを周りから言われすぎてわけがわからなくなってしまっている方、とにかく他力本願な方、トラブルの原因が自分の外にある、周りのせいであると思っている方などなど、実に多い。多ずぎる。自分軸がなさすぎる。

 

占い師としてすでに数百人の鑑定をさせていただきましたが、やはり今の状態は私の望んでいる方向ではないと改めて確信しております。

彩月は現在、昨年西洋占星学コースを修了し、出生図モニター鑑定のご依頼をこなしながら月1回師匠と仲間たちと集まりさらなる研鑽を積むと同時に、ご縁のある方に「魂中心の占星学を日本にも広めて欲しい」とトーチを託され、「魂の声を通訳するAstrologer」となるべくアメリカからの講義を受講しています。今後は九星気学も学ぶ予定です。

また、皆さんにもご提供している通り、オラクルカードやタロットカードを使ってメッセージを受け取っております。

しかし、私が望んでいるのは、クライアントの皆さま一人一人が自立して、自分の人生を自分で作っていくことを全力でサポートすることです。

ですから、ホロスコープを読むことで皆さんの持って生まれたエネルギーや特性、魂が何を学ぼうとしているのかなどを知った上でのセッションなど、スピリチュアルスキルや各種占いをツールとして用いますが、私が一番コアな部分として重要視していることのベースにあるのはコーチングであり、カウンセリングです。

占い師として世に出てしまうと、占いに依存する方ばかりが来てしまって、私の本当にやりたいことができないなと痛感しております。これは私の魂が望んでいないことです。

占い師としてはリピートしてもらってナンボですし、私もそうなるように努力しろと言われてきましたが、それでは占い師依存をさせてしまうことになるので私は嫌なんです。

占いはあくまでもツールであり、補助的なもの。その結果はあくまでガイダンスであり、これからどうしていくのかを決めていくのは皆さん一人一人です。

運命・未来は自分でいくらでも変えることができます。「自由意志」が存在する以上は変えることができるのです。

自分自身を本気で変えていきたいという決意とやる気のある方に、私は全力でサポートさせていただきたいと思っています。

各種占いやヒーラーとしてのセッションも必要に応じて行いますが、あくまでもベースは現実的なコーチングです。

目に見えない世界にどっぷり浸かって・・・という方には少し違うアプローチ方法になるかもしれません。

 

私は真剣に自分を変えていきたいと決意している方々と一緒に仕事がしたいのです。

私も皆さんの成長する姿、自分の夢を叶えてキラキラしている姿を見るのがとても楽しいし幸せだし。

私も皆さんの様子をみて、やる気スイッチ10個つくだろうし(笑)

みんなでwin-win-winって本当に素敵だと思うのです。

 

ということで、今後はセッションメニューやブログをどんどんと更新していくと思います。

 

ここ数ヶ月、相談を受け続けて疲れ切った日々も、一生懸命やっても受け取ってもらえない虚しさを感じる日々も、自分の本当に望んでいる方向性を明確にするプロセスでした。

でね・・・あまりに恋愛自爆女性が多いことがわかったので、処方箋的な本でも書こうと思っています。

 

人生本気で変えたい方、一緒に取り組んでいきませんか?

彩月も絶対に変える、自分の望む人生を生きると決意して、長年努力してきました。今もそうです。

私のたくさんの経験が皆さんの役に立つと確信しています。

 

関連記事

  1. 初・明治神宮参拝(其の一)

  2. 2016年 新年のご挨拶

  3. 初・明治神宮参拝(其のニ)

  4. 瞑想のススメ 其の一

  5. 癒しフェア in Tokyo 2018 行ってきました!

  6. 2016年は「大変容の年」、本当にそうだった!

  7. 彩月、対面鑑定始めたってよ!

  8. よく出逢うキーワードは天からのメッセージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。