「HSP」という言葉を初めて知りました

皆さま、こんにちわ。

ご無沙汰しておりましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

私、3回連続で書き綴ったため、少々ガス欠を起こしまして・・・

お読みいただいた方々には本当に感謝です。

ありがとうございます。

 

現在、Webサイトのリニューアルを亀さんの歩みながらも進めております。

今は寂しい感じのページですが、頑張って完成させますので、少々お待ちいただければと思います。

 

また、コンテンツ制作準備や星読みの学び、

26日のパワフルな魚座新月&金環日食に「うぉ〜」となっていたり、

コンサートでの演奏もありまして、バタバタと過ごしているうちに月末を迎えてしまいました。

 

徐々に時間を作っていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

 

さて先日、近所の本屋さんに行きました。

 

私、小さい頃から「本の虫」なので、いつも本が近くにないと落ち着かないのです。

いつも荷物はずっしり。読みかけの本が終わりそうになると、

当然2冊目も持ち歩きますので、さらに重量が増えます。

 

学生時代は学校の図書館に暇さえあれば行っていて、片っ端から本を読んでいました。

古典文学からライトノベルまで幅広く。

昔は本屋に行っては抱えるほど本を買う人でしたが、近年は「電子書籍」というものが出てくれたおかげで、

本棚2つからあふれかえって床に何本ものタワーができては処分するという大仕事にはならなくなりました。

 

しかし「電子書籍」は私にとって使いにくい部分もありますので、

本当に長く大切にしたい書籍は、きちんとした紙の本を購入しています。

とにかく「本」と「本屋さんという空間」が大好きなのです。

 

で、本屋さんが好きなのと、読みたい本が電子書籍のサイトで見つけにくいことなどもあり、

ちょくちょく本屋さんに行って本を物色(笑)しています。

 

さて、いつもの通り「ふら〜りふらり」と本屋さんを歩いておりましたが、

「特集コーナー」に置いてあった本に目がいきました。

 

「敏感すぎる」・・・ふーん

 

最近、感受性の強さが刺激されやすくなってきたのを感じていたので、

何気なくペラリペラリと読んでいたのですが。

 

んなんか、これって・・・私に似てる??

 

その本で初めて『HSP(Highly Sensitive Person)』

と呼ばれる人たちが存在していることを知ったわけです。

 

日本語に訳せば「超敏感な人」→「敏感すぎる人」「人一倍敏感な人」となるんでしょうか。

 

こちらはウィキペディアへのリンクです →『HSP』って何??

 

アーロン博士はつぎの4つの性質「DOES」全てに当てはまる人を「HPS」と定義づけしているそうです。

 

 D : Depth of Processing  
   深く知る → 一を聞いて十を知る

少しの情報や刺激から、普通の人以上に深く感じたり深く考える→物事を徹底的に処理する。

その場の状況や相手の気持ちを深く読み取り、

それに合わせて行動する「場の空気を読み取って行動する能力」を持つ。

感受性の強さ。

 

 O : being easily Overstimlated
   過剰に刺激を受けやすい

自分の内外で起こっていることに人一倍よく気がつき処理する、変化に敏感。

多くのことを読み取りすぎて精神的に疲れ果ててしまう。

強い明るさ、大きな音、手触り肌触り、暑さ寒さでも普通以上にストレスを受け、

痛みや疲れなども強く感じる。

人混みやパーティー、雑踏、音の大きな遊園地や映画館など刺激の強すぎる場所は、

ストレス発散どころか疲れてしまう。

 

 E : being both Emotionally reactive generaly and having Empathy in particuler
   全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い

人の心を読み取る能力に長けている。

本などの物語の登場人物に深く感情移入し、それは相手がロボットや動物や物でも同じ。

時にはストーリーなどに深く共感して、涙もろくなってしまう。

 

 S : being aware of Subtle Stimuli
   些細な刺激を察知する

小さな音、微かな匂い、ちょっとした変化など、細かいところによく気がつく

。環境の変化や物の配置の変化にすぐ気がついたり、

自然の風景や動物、絵画や音楽などの芸術作品などから強い影響を受けたり

、親や友達のちょっとした声のトーンや態度の変化から、何かあったのだと察知したりする。

 

上記4つは『内外の事象に対する「感受性の強さ」を物語る』そうです。

 

さて、簡単に書き出して見ましたが・・・この4つって・・・

 

自分、HSPの可能性が高いじゃないのさ!

 

ちなみにググっていただくと、自己診断用の質問を載せているWebサイトがいくつかありますので、

興味のある方はやって見てくださいませ。

 

「5人に1人はHSP」っていうことですので、マイノリティー派ではあるものの意外と多いんだなぁと。

特に日本人は多いみたいです。

 

しかしながら「世の中の8割はセンシティブな人ではない」ということですので、

「センシティブな人たちにとってはちょっとシンドイ世の中」ってことになりますよね。

 

私も子供の頃からとにかく敏感な人だったのかなーって、これを読むと。

 

友達と遊んでいても急に心に何かを食らって家に帰ってしまうとか、

感情が大揺れするとコントロールが全然きかないし、

フランケンシュタインのアニメでバスタオル抱えて号泣してトンデモナイ状況になったり、

玄関開けた瞬間に「今日の夕飯は〇〇だな〜」とか、

微かな音・小さい音も聞こえるので「本当に耳がいいよね」と親に言われていたり、

人混みがとにかく苦手でものすごく疲れてしまうので、なるべく人のいない場所を狙うとか、

一人でいるのが楽とか、

電車の中でのイヤホン音漏れ・スマホゲームの効果音・人の話し声には

一気にストレスゲージが上がってブチギレそうになるし。

 

職場は、2年前の部屋移転から常に機械の音や放送の大声、人の話し声などにあふれかえり、

お昼も常に怒涛のような話し声に包まれ、午後になるとぐっと疲労感が増して静けさを求めて避難しても、

談話室で話し声が聞こえるとイライラゲージが上がってきたり・・・

 

イライラしたり常日頃ぐったりするのは、もちろん複数回手術して体がシンドイのもあるでしょうけど、

元々超高感度のアンテナを標準装備してしまっているのも理由の一つなんでしょうね。

 

で、ここで考えてみると・・・

 

HSP=超敏感 → 感受性が強いので、普通の人がキャッチできない「色々なもの」をキャッチできる

色々なもの→例えば「エネルギー」とか「音」「感覚」「情報」など

 

ということは・・・

 

4つのクレア

「クレアボヤンス」

「クレアセンシェンス」

「クレアオーディエンス」

「クレアコグニザント」

 

を持っていることに気づきやすいのではないか?

 

ちなみに・・・

 

本来、誰にでもサイキック能力やスピリチュアルな能力は備わっているんです。

でも、それを使いこなせてないだけなので、練習を重ねれば次第に使えるようになるんですね。

 

さて、4つのクレアに気づきやすい敏感なHSPの人たち・・・

スピリチュアルのお仕事をしている人にも多いのかもしれませんね。

 

敏感だからこそできることなのかなぁ。

それとも、五感がとても敏感に働くので、

鋭い五感が第六感を誘発している?(って書くと、なんだか医学っぽい)

 

これはあくまでも単なる私の推測ですので、反論される方もいらっしゃると思います。

 

「グラウンディングしてオーラでプロテクションする」

「オーラフィールドを調整する」

「境界線を引く」

 

というような『セルフプロテクションの方法』をスピリチュアル系の講座ではよく学びますが、

超センシティブだからこそ、自分を守るために必要なことなんですよね。

 

うんうんそっかー。

 

いやね、ドリーンの動画を見ていて「私たちは敏感なので」と言うことが度々あって、

私は「ふーん。敏感かぁ・・・」と思って観てたのです。

 

実は今の今まで、自分が周りよりも遥かに敏感なことに気がついてませんでした(汗)

ともあれ、「HSPという性質がある」ということを知っただけでも、なんだかちょっと落ち着きました。

 

私ってちょっと変わってるよなーって思ってるし、

職場をこんな形で休職して「ストレスに弱い人・集団行動ダメな人」みたいになってるし。

不眠だ適応障害だ、鬱状態、燃え尽き症候群だと言われ。

 

でも、普通に職場の中を歩いているだけで、

見つけるつもりのないミスが目に飛び込んできたりするわけですよ。

 

私だって余計な仕事は増やしたくないし、

「面倒なことはしたくないんだー!」「なんでこんなことに気がつかないんだろう、この人たちは!」

「もっと注意しろよー!」って。

 

でも、無意識だけど自分が敏感すぎて疲れちゃってるだけなのですね。

 

となると、自分の感覚をちょっと鈍らせるかON-OFFの切り替えを習得するか、

なるべく刺激の多い環境から離れる必要があるということですね。

 

今の職場は一番自分を消耗させるみたいです・・・。

 

関連記事

  1. 感情との向き合い方 〜グリーフケアに思う〜

  2. 開運のコツは?〜魂のブループリント鑑定〜

  3. 本当に好きなことをしていますか?〜仕事と経済的不安

  4. 「医療系分析屋の考察」〜個性とかスピリチュアルとか〜

  5. ”占い”は悩んだり困ったりした時だけのもの?〜タロット占い・占星術師の…

  6. 【今日から誰にでも簡単にできる!最強の開運アクション】〜その3

  7. 「真実」を見極める目を持とう 〜情報過多の時代〜

  8. 先が見えない不安を抱えているあなたへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。