瞑想のススメ 其の四

みなさん、こんにちわ。

あなたの理想の人生をクリエイトする

メディカルスタッフのための

マジカルセラピスト

彩月紫苑です。

 

今回は瞑想のススメシリーズをお届けいたします。

 

今回はヴィパッサナー瞑想です。

 

feng-shui-1026536_1920

 

ヴィパッサナー瞑想?聞いたことなーい!

 

という方が大半だと思います。

私も今まで知りませんでした(笑)

 

でも、このヴィパッサナー瞑想というものは

実は世界中でたくさんの人々に実践されている瞑想なんです。

 

ヴィパッサナー瞑想は、

以前ご紹介した

マインドフルネス瞑想の元になった瞑想で

仏教系の観行瞑想です。

 

私たちは常日頃、過去や未来のことに

頭を一杯にして生きていますよね。

 

雑念・妄想にとらわれて、

起こっていない不安や苦しみの感情に

さいなまれてしまいます。

 

ついつい

「あーあ。あの時こうすれば良かったのに。」

「明日、大雪だったらどうしよう。」

「どうしてあんなこと言ってしまったんだろう・・・自分のバカ!」

「これから自分はどうなってしまうんだろう・・・将来のお金も心配だし。」

 

なんてこと、考えたりしていませんか?

 

ほんの些細なことだけど、過去のことを振り返っては落ち込んだり、

起こってもいない未来のことを考えすぎて不安になってしまったり。

 

たくさんの方が経験したことがあると思います。

 

もちろん私もそうです。

 

で、今のこの瞬間瞬間にフォーカスすることによって、

私たちの頭から妄想が消え、

今の状況が正確に判断できるようになるわけなんですね。

 

私が昔々に認知再構成法のワークを受けた時、

「人は自分の都合の良いように事実を曲げて認識する」

ということに気がつきました。

自分の感じ方、認識がいかに歪んでいるかということに。

 

一つ一つのトリガー事象について考察するんです。

こんなことがあった。

その時自分はこう感じた。

なぜそう思ったのか、その理由や根拠。

感情や理由、根拠な、どのくらいの確信度があるか(数値で)

別の視点からその事象を見たらどう考えられるか。

本当に相手はそう思っているのか。

その起こったことは、本当に自分が考えている通りのことなのか。

ワークをした後に変化したこと。最初の確信度がどうなったか。

今の自分にかける言葉は。

 

・・・って感じだったと思います。

大昔のことなので忘れてしまいましたが、

とにかくかなり時間のかかる作業でした。

1つの事象にA4の紙1枚びっしり書くんです。

毎回の宿題でした。数年続きましたね。

 

このワークを通して、

思い込みで視野が狭くなっている自分の思考を柔軟にし、

客観的に俯瞰してその事象を見ることによって、

自分の思い込みや認識を書き換えることを学んだわけです。

 

さて、「都合の良い」というのには種類がありますよね。

 

一つの事象に対して良い面を見つけ出し解釈することで

プラスの効果になること。

 

一つの事象について固執した考え方、偏った考え方から

視野が狭くなり、偏った解釈してしまうこと。

 

「都合の良い」には

ポジティブとネガティブな面がありますが、

結局のところは

「自分で事実を曲げて解釈している」

ということだと言えると思います。

 

ヴィパッサナーとは「物事をあるがままにみる」という意味です。

「今ここ」「一瞬一瞬」にフォーカスすることで

物事を客観的、俯瞰的に見ることができ、

ただありのままの事実を見ることができます。

 

「良い」「悪い」など全く判断することなく、

ただ「今このようなことが起きている」

という認識だけがあるため、

未来への不安や過去への後悔などにとらわれて

頭がグルングルンすることなく

心穏やかに過ごせるようになります。

 

過去はどんなに嘆いても戻りませんし、

まだ起こっていない未来に対して

悪い方へ悪い方へと想像を膨らませて

不安に苛まれて身動きが取れなくなってしまうのは

自分の可能性を潰してしまうことですから。

 

うーん・・・

 

自分にもそっくりそのまま差し上げたい、この言葉(笑)

 

「今ここ」にフォーカスして、人生を楽しみましょう!

 

起こっていない未来に

こうなるかもしれない!

こうなったらどうしよー!

こうなって欲しくない!

と心配や不安ばかり思っていると、

本当にその状況を引き寄せてしまいます。

引き寄せの法則通りですね。

 

それでは、またー!

関連記事

  1. 瞑想のススメ 其の二

  2. 瞑想のススメ 其の一

  3. 瞑想のススメ 其の三

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。