瞑想のススメ 其の二

それでは、今回からは瞑想の種類について

ご説明しようと思います。

大層なことは語れませんが、

豆知識として楽しんでくださいね(=゚ω゚)ノ

 

rainbow-1360570_1280

 

さて、前回チラッと書きましたが、

瞑想には様々な種類があります。

 

様々な瞑想を大きく二つに分けると

 

静的瞑想(Passive 瞑想)

動的瞑想(Active 瞑想)

 

となります。

 

今回はこの二種類の瞑想についてご紹介しますね。

 

まずは「静的瞑想(Passive瞑想)」について。

 

静的瞑想は読んで字のごとく、

静かな瞑想・受け身の瞑想」です。

いわゆる、皆さんがイメージしているような

座ったりしてじーっと動かずにする瞑想がコレです。

誘導瞑想もコレに入ると思います。

 

私はスピリチュアル系セミナーに通い始めてから

誘導瞑想をする機会が多くなりましたが、

まず寝てしまいます(笑)

それだけ疲れているということでしょうかね・・・

それともグラウンディングが弱く、

意識が飛んで行ってしまっているのか、

はたまた潜在意識下に深く入り込んでしまっているのか・・・

 

ゆったりとした呼吸を続けながら

誘導してもらいイメージングするのですが、

リラックスして寝てしまうようです。(-_-)zzz

また、誘導瞑想のCDもたくさん持っているのですが、

薬を盛られたように見事爆睡。

座って聞いている時に最後までしっかり聞けたことは

一度もないと思います(笑)

私は通勤時に聴くことがほとんどなので、

駅から職場まで徒歩片道20分の時にも聞いています。

 

静的瞑想では、頭を空っぽにすることが大切になるのですが、

これがとっても難しい( ̄O ̄;)

 

でも実は、何か考えや思いが浮かんできても良いのです。

無理に「考えない、考えない!」って

力んだりする必要はありません。

ただ、浮かんできた考えや思いに捉われるのではなく

雲が流れていくように、思考も流してしまえばよいのです。

それをただただ客観的に見ている自分がいるイメージです。

 

とはいえ、慣れないとなかなか難しいですよね・・・(;^_^A

私も修行が足りないので無理ですorz

 

では、それに対して「動的瞑想(Active瞑想)」とは何か?

 

実は、皆さんも知らず知らずのうちにやっていたりするんですよ。

 

動的瞑想とは

単純な作業や行為を無心に繰り返す瞑想」です。

 

皆さんは、プラモデルを作ったり編み物やお裁縫とかしていて、

気がついたら信じられないくらい時間が経っていた

という経験をしたことはありませんか?

 

それが動的瞑想なのです。

 

ただただ無心に踊るという瞑想や

一歩一歩歩くという動作に集中して歩く瞑想もあります。

キリスト教の教会の中には

歩く瞑想のための道が作られているところもあるそうですよ。

 

歩く瞑想は日常に取り入れられそうですよね。

その時に大切なのはもちろん「無心になること」です。

歩きながら「今日の夕飯は何にしようかな?」

なんて考えてはいけませんよ(笑)

 

私のようにじーっと座って瞑想するのが苦手な人は、

動的瞑想が合うようです。

 

要は「頭の中の雑多なおしゃべりをやめる」というのが

瞑想の目的だと私は考えています。

そうすることによって、集中できるようになったり、

ひらめきが起きたり、作業効率がアップしたり、

ストレス解消になったり、リラックスできたり・・・

内観などスピリチュアル的なもの以外にも

大きな効果が期待できるため

海外の大企業などでは

すでに取り入れられていたりするんですね。

 

次回からはさらに細かい瞑想について

説明していきます( ´ ▽ ` )ノ

関連記事

  1. レインボーエンジェルセラピー&クリスタルカードリーディング集中コース

  2. 今週のメッセージ(7/25〜7/31)

  3. 今週のメッセージ(6/27〜7/3)

  4. 【魂中心の占星学】って?〜今世の人生の疑問が解ける占星学

  5. 祝!卒業!(≧▽≦)

  6. スピリチュアルパートナーシップ

  7. 今週のメッセージ(8/1〜8/7)

  8. 今週のメッセージ(5/30〜6/5)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。