アシュタールとの遭遇 〜後編〜

にょほほ〜!

にょほっ( ̄▽ ̄)♪

 

あ・・・はぁ・・・( ̄O ̄;) (目が点)

 

アシュタール、なかなかのキャラであ〜る(・ω・)ノ

 

そしてまず言われたのは

「あなたの後ろに聖母マリアが立っている。

彼女はまるで赤子を抱くようにあなたを抱き、

あなたのハートにこんな風に息を吹きかけている。

そして彼女はこうメッセージを伝えている。

『私の愛を世界に広めてください』と。

慈愛に満ちたとても美しい光景だ。なんと素晴らしい・・・」

 

以前、御守護に聖母マリアがいるとは言われたけど、

これはすごい(O_O)

 

そしてアシュタールは語り始めました。

 

「あなたに一つの物語を語ろう・・・。

はるか昔、私たちはプレアデスで出逢った。

出逢った時、あなたはダンスを踊っていた。

それはまるでバレエのようで、このように優雅に回っていた。

あなたは『アシュタール!さあ、どうぞそこにお掛け下さい』と

私に声をかけ、それはそれは美しいダンスを披露してくれた。

私はあなたに「ある惑星(=地球)」について語り始めた。

(ここはちっと略します)

『・・・動物たちが次々と殺戮されていった。』

するとあなたは、

『アシュタール!お願いだからこれ以上動物たちを殺さないで!

お願いだから止めてちょうだい!』

と泣きながら叫んだ。

私はあなたのハートに約束の証であるスターシードを埋め込み、

あなたはこの地球に降りてきたのだ。

そして今、あなたは覚醒した。おめでとう。」

 

地球の物語を聞いている時に、

しっかり目を開けて目の前のテリーを見ているのに

前頭葉のあたりにヴィジョンがどんどんと展開して見えました。

 

それは影絵のような感じで。

黒と赤のグラデーションを背景に、

黒い影絵がアシュタールの語っている場面を表現していました。

地球の物語を聞いているうちに、

感情が揺さぶられて涙が止まらなくなり・・・鼻水だらだら。

 

「こんな突拍子もない話、本当なのか!?」と

「信じられない」という気持ちが頭をグルグルしつつ、

「強い感情に揺さぶられているのは

無意識の中に記憶があるからなんだろうな」と思ったり。

 

雑念(!?)でぐっちゃぐちゃの飽和状態だったので、

「あなたは今、覚醒した。おめでとう。」

と言われても何も感じなかったりして(;^_^A

 

スカウトの仕方がスゴイよね、アシュタール。

 

で、その後は質問タイム。

 

鼻水垂らしまくりの私に

「そのように強い感情に揺さぶられるということは

あなたにとってとても重要な出来事だということ。

さあ、このティッシュを使いなさい。」と勧めてくれたり。

 

あまりに動揺していて、くだらなさ150%の質問内容で。

 

とりあえず、私はとてもパワフルな存在であるということ。

ヒーラーでありチャネラーであるので、

日々の生活に今学んでいるスピリチュアルなスキルを取り入れていけば良い。

 

例えば、自分が取ったコピーに

チョイとレイキのエネルギーを込めてあげれば、

それを手にした誰かがヒーリングを受け取れるでしょ?と

 

話してないのに、私がレイキヒーラーであることを知っている(;^_^A

 

体のことは、

「今スキャニングしたが、何にも心配はいらない」だそうです。

 

ただ、

「(体に負担がない生活をしたいということには)

私も賛成だ。まずは、とにかく睡眠時間を増やしなさい。」

 

というお小言をいただきました( ̄O ̄;)

 

今の仕事じゃなかなか難しいのよぉ。

 

そして、眠れないし起きられないという私に、

「起きられない時は、私を呼びなさい。

すぐにあなたをベットから持ち上げて床に降ろしてあげよう。」

と、ずーっと「ひゅ〜、どん!」と言いながら

身振りで実演してくれてました(;^_^A

 

通訳さんがお話ししている間、アシュタールは

「My little one, 私はあなたを心からリスペクトしている。」

「あなたはとても美しく素晴らしい。」

「あなたはとてもパワフルだ」

という感じで、ずっと語りかけてくれてました。

 

そして、セッションが終わりテリーが戻ってきました。

アリガトゴザイマース!

先ほどとは全然違う声と話し方。

いやー、すごい体験でお腹いっぱい(笑)

image

「また会いましょうね!」といっぱいハグしていただきました

 

最後に「あとがき」へと続きます。

お楽しみに♪

関連記事

  1. DST®️FSP個人セッション会のご案内

  2. 【遠隔エンジェルオラクルヒーリング】ご感想をいただきました

  3. 対面鑑定始めます!

  4. アシュタールとの遭遇 〜あとがき〜

  5. アシュタールとの遭遇 〜前編〜

  6. 個人鑑定はパワフルだと実感!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。