2020年後半のメッセージ

2020年も後半戦に入りました。

星のエネルギーが激しすぎた2020年前半、大変だった方も多いのではないでしょうか。

特に2020年1月13日に山羊座で冥王星・土星が合になり、この頃からコロナ騒動が本格化して、世の中が大きく変わってしまいましたね。

まだまだこれからの半年、12月終わりまで激しい変容のエネルギーが続いていき、2021年は全く違った新しい時代に入っていきます。それは世の中の動きだけでなく、皆さん一人一人が大きく変わっていく重要なタイミングです。

今、この記事を書いているタイミングは山羊座満月・反映月蝕。蟹座・山羊座軸での蝕は今回で終わりとなり、次は9年後となります。蟹座・山羊座のテーマ最後の手放しのタイミングを迎えた今、今後半年のメッセージをお伝えしたいと思います。

様々な感情や恐れを手放し、自分らしく生きる時が来ました

この半年、コロナの影響で世の中も一変しました。自営業の方、飲食店の方、派遣等の非正規雇用の方、内定取り消しになった新卒の方など、仕事を失った方もたくさんいらっしゃると思います。また、働き方や日常生活が急激に変化したため、気軽に外出できなくなり、楽しみや友人たちとの交流も我慢しなければいけないイライラや、自宅に籠ることで起こる家族とのストレスを抱える方も多いでしょう。

逆に、通勤電車に乗らずともよくなったお陰で、ストレスから解放されたり、自宅でのテレワーク等の仕事環境の変化が、仕事に対する意識を変えた方もいらっしゃるでしょう。

自宅に籠ることで否応なしに自分と向き合わされ、様々な感情が出てきたり、本当の自分の生き方や望みに気がついた方もいるかもしれませんね。

今回のリーディングは「日本の密教カード」を使っています。とても美しいカードですよね。

当初、しっかりと記事として解説するつもりは全くなかったので、ふと使ってみようと手にとったカードでサラッと引いたのですが、星の動きにもぴったりのカードが出ていますよ。

この2020年前半、様々なことが起こったことで、一人一人の中で見えてきたものがあると思います。それは本当に自分自身が望んでいる生き方だったり、これをやってみたかったんだ!という情熱かもしれません。今まで「〜ねばならない」で過ごしてきたり、今までの社会の慣習や会社の規則や慣習に縛られ枠や型にはめられてきたものが、日常生活が一変したことによって大きく変わり、今までとは違う生き方を模索し始める方も多いでしょう。心がワクワクすること、やってみたいと思うことは、あなたの魂からのメッセージです。その思いを大切にして、まずは小さな一歩からで構いませんのでチャレンジしてみてください。

しかしながら、現実的な状況として、これは違う!こういう風に生きたいんだ!と感じていても、具体的にはどうするの?と、なかなか自分自身の望む方向がクリアにならず漠然としていたり、周囲の人々の成功している様子や、目的・ゴールが見えていて邁進している様子をみて、現実的に形になっていかない焦りからくる嫉妬の感情、怒りの感情が湧いてくるかもしれません。もしかするとそれは、過去からずっと引きずっていた感情かもしれませんね。また、なんとなく進みたい方向があったり、やってみたいことがあっても、恐れや不安で進めなくなってしまっているかもしれません。もし、そんな感情が溢れてきたら、それは手放すタイミングが来たということ。感情のワークをしっかりとしていきましょう。出てきた感情を客観的に見つめ、そんな感情を持っている自分に気がつくこと。そして、しっかりとその感情を感じきってあげること。そうすることで手放していくことができます。

また、感情的にまだまだ不安定になりやすい時期でもあります。秋頃は火星が逆行してきますので、激しいエネルギーによって爆発しやすくなったりします。感情の昂りに任せすぎず、冷静になる時間、自分自身の平常心を取り戻す時間をしっかり作りましょう。感情を安定させてから、物事や人間関係など様々な判断をするようにしていきましょう。

あなた自身の進む方向性を模索する中で、大切なのは「自分自身の才能や資質、能力を周囲のため、相手のためにどう使っていくか」という思考・意識です。これからますます自分だけの利益のために動いても上手くいかない時代になってきています。それが山羊座の社会・権力・枠組みを大きく破壊してきた今年前半の冥王星・土星・木星・火星のエネルギーでした。権力者や政治家、著名人などの秘密がどんどんと暴かれ、人々が立ち上がって声をあげてきたのを、昨年から今年前半まで見てきたと思います。来年から本格的に水瓶座の時代へと入っていきます。水瓶座は年齢も性別も関係なくフラットな関係、そして皆が助け合って色々なことを成し遂げ高め合っていくことがテーマの一つです。「皆のために自分自身に何ができるか?」そんな意識を持っていきましょう。

以上のように過ごしていかれると、今年の終わりには今撒いた種が花開いていくようですね。これからの半年、まだまだ強烈な星のエネルギーが続いていきます。でも、これを超えて生まれ変わることで、2021年は本当に新しい時代を迎えていくはずです。

あと半年、本当の自分らしく生きることを意図して、宇宙の寄せる波に上手に乗っていきましょう。抵抗すると荒波に飲まれて苦しくなりますよ。起きることは必ず意味があって起きてます。例え起きた時は「なんでこんな酷いことが起きるの!?」と思うかもしれませんが、後に振り返ると「あの出来事があって今の自分があるんだ」ということに気がつけるはずです。

最後のアドバイスは「一人一人違ってていい」ということ。一人一人は違う人間です。それが個性です。占星術のチャートは、皆一人一人違います。同じものはありません。〜一人一人の魂がそのエネルギーを選んで今生生まれてきた 〜 お一人お一人のチャートを拝見してお話させていただくたびに、そのことに大きな意味を感じずにはいられません。それは日本の「八百万の神」の思想、そしてこれから迎える水瓶座の時代にリンクしていると思います。一人一人が持つ才能や能力、資質は必ず誰かの助けになりますし、世の中に必要とされるのです。「自分には何もない」と周囲を見て落ち込むのではなく、あなたの心の奥から湧いてくる喜びやワクワクの感情に従って、やりたい!と思ったことにチャレンジしてみてください。それがきっとあなたの太陽を大きく輝かせてくれるはずですよ。

関連記事

  1. 今週のメッセージ(5/8〜5/15)

  2. 今週のメッセージ(6/13〜6/19)

  3. 【2017年夏至】スペシャルリーディング

  4. ARI占星学総合研究所にて講師デビュー!

  5. 2017年イヤーリーディング

  6. 今週のメッセージ(2/22〜2/28)

  7. 2019年へ向けての最後の手放し期間

  8. 今週のメッセージ(7/4〜7/10)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。