SNS、モバイルの進化と弊害

みなさま、今年のGWは元号の変わる歴史的なタイミングでしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

「令和」の時代はきっとさらなる平和と繁栄の時代になると感じております。

さて、ブログも気がつけば2ヶ月以上の間が空いてしまいましたが、私自身も2019年になってから本当に怒涛のような日々を過ごしています。

そして、3ヶ月ちょっと前ってちょうどあの時じゃないか!と、改めて宇宙の巧妙さに驚いております。

サイトをリニューアルしようと思って一度いじって戻したのですが・・・まさかの戻らなくなるというアクシデントが起こっておりまして。

現在ちょっと(だいぶ?)見苦しい状況ですが、徐々に改善していきますのでしばらくお待ちくださいね。

SNS、ネット時代特有の問題?

さて、久しぶりに何を書こうかなって思った時に・・・やっぱりコレかなと思うことについて書いてみたいと思います。

タイトルにもあるように【SNSやモバイルの進化の弊害】についてです。

お堅い題名でジンマシンが〜という方も、ちょっと読んでみてください(笑)

連絡手段の変化

昔々のはるか昔、人との連絡の手段は「手紙」や「電報」でした。

そして「電話」が発明され、リアルタイムでお話ができるようになりました。

最初は自宅の黒電話とか公衆電話といった「固定電話」でしたが、その後は移動先でも連絡が取れるように技術が進化してきましたね。

「自動車電話」「ポケベル」「携帯電話」など、いつでもどこでも端末を使ってやりとりができるようになりました。

現在は「携帯電話」がないと生活が困難になるくらい世の中に浸透していますよね。

そしてインターネットやSNSの普及で、地球上どこにいても人と人との交流ができるようになり、情報を得ることが可能になりました。

とても便利になったのですが・・・

占い師としてご相談を受けていると、昔はなかったような悩みが存在していることがよくわかります。

ほんの一部ですが、皆さんにも心当たりがあると思います。

  • いくらメールを送っても返事がない
  • 空いている時間のはずなのに電話に出ない
  • LINEが未読のまま
  • 私には声がかからなかったのに、SNSで皆んなが集まって楽しんでいるのを知った
  •  SNSでお付き合いしている相手の浮気を知った

などなど・・・

これって、昔の手紙や固定電話などのやりとりでは起きないような悩みだと思うんですね。

相手ににすぐ連絡が取れる

手に取るように相手の様子がわかる

そんな時代だからこそ、返事がないとか未読だとかになると、すぐに怒りや不安、心配などの感情に支配されて、人間関係をこじらせてしまうように思うのです。

今の時代に必要な意識

日々ご相談を受けていて・・・

・いつも返事をすぐにくれるのに、最近遅れたり少なくなってきた。浮気してる??

・すぐに返事を返してくれないのは嫌だし不安。愛を感じられない。

・嘘つかれた。仕事って言ってたのにSNSで競馬に行っていることを知った。

・返事なんてたった5分もあれば返せるのに、どうして返ってこないの?もう好きじゃない?

といった話は結構多いです。

いつでもどこでも連絡が取れるのは便利なのですが、プライバシーや自分自身の境界線を保つことができなくなっていると感じます。

・返事がすぐきて当たり前

・自分と離れている間に相手が何をしているかをチェックしないと気が済まない

・連絡をしてこないのは自分のことがもう好きではないから

そんな「強迫観念」とか「ネガティブな思い込み」などを助長しているように思えるのです。

人間関係、特に恋愛や結婚において、何でも話せて一緒に喜怒哀楽を共にしていくことはとても大切だと思います。

しかし、それぞれの交友関係や仕事など、一人一人の世界もあるわけです。

そして一人で何かに没頭したい時や、しなければならない時、大事な世界だってあるわけです。

踏み込まれたくない自分だけの時間や空間だってあると思います。

SNSやインターネットなどが普及した現代、そのような一人一人の時間と空間を作るのが難しくなっているように感じます。

今のようにリアルタイムにいつでもどこでも連絡が取れないような時代、もちろん会えない時間や連絡が取れない時間をもどかしく思ったり、不安になったり・・・ということもありました。

でも、相手のことを思う時、

・楽しんでいるかな

・何をしているのかな

と、優しくて温かいポジティブな思いでイメージをしていたと思います。

疑いの気持ちって今の時代に比べたらなかったのかな?って。

相手に対する【信頼】と【尊重】の気持ちが存在していたと思います。

便利な世の中になった分、逆に窮屈になってしまった現代。

相手への信頼や尊重する気持ちを忘れがちです。

相手が何をしているかが手に取るように簡単にわかってしまう時代だからこそ、知りたいとか把握しておきたいといった人間の欲求が強くなってしまいます。

しかし、相手も人間です。どんなに信頼しあっていても、誰にも踏み込んでほしくない自分の世界もあります。

仕事などでどうしても連絡が取れない時だってあります。

「あとでいいや」って思うことだってあります。

もちろん大切に思っているけれど、連絡をとったり話をしたくない時だってあります。

相手を尊重し、それをまずは寛大に受け止めることが大切なんじゃないかなって思うんですね。

ご相談を受けていると、連絡をよこさないとヒステリックになったり怒りを吐き出す方も多いです。

それって、自分が連絡が欲しいのにこないから相手を責めているってこと・・・ですよね。

相手をコントロールしようとするから、それが怒りに変わります。

その怒りの波動は言葉や文字に乗って伝わりますし、相手にダイレクトに波動として伝わっていきます。

すると、相手は無意識のうちに逃げたくなったり、自分も怒りの波動を纏うようになって、ギクシャクしたり喧嘩になったり、相手から逃げられるという現実を作り出してしまいます。

自分のエゴで相手をコントロールしようとすると、自分も苦しくなりますし、相手ともうまくいかなくなりますから・・・。

相手のことを尊重して信頼して、ポジティブな思いを届けてあげませんか?

連絡がないのは、何か事情があるのかもしれませんよ。

関連記事

  1. 困難はチャンスと幸せへのサイン

  2. 【今日から誰にでも簡単にできる!最強の開運アクション】〜その1

  3. 先が見えない不安を抱えているあなたへ

  4. 【今日から誰にでも簡単にできる!最強の開運アクション】〜その2

  5. 感情との向き合い方 〜グリーフケアに思う〜

  6. 開運のコツは?〜魂のブループリント鑑定〜

  7. ”占い”は悩んだり困ったりした時だけのもの?〜タロット占い・占星術師の…

  8. 「HSP」という言葉を初めて知りました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。