【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.1

みなさま、こんにちわ

すっかり暖かくなってきましたね。

しかし、まだまだ寒暖差も激しく、朝晩も冷え込みます。

「三寒四温」とはよく言ったもので。

この「三寒四温」という言葉なのですが、本来は冬の季節に使う言葉なんだそうです。

 

「へー!」×10じゃないですか!?  皆さん、ご存知でしたか!?

 

私は知りませんでした・・・はい。

ま、そんなわけで(ってどんなわけですの?)

寒暖差や朝晩の冷え込みに、体調を崩さないようお気をつけくださいませ。

季節の変わり目で暖かくなって体も緩んできますし、冬の疲れが出たりしますのでね。

 

今日は「豊かさ」について書いてみたいと思います。

 

さて、ここで皆さんに質問です。

 

「「豊かさ」という言葉を聞いて思い浮かぶのは?」

 

んー・・・

 

「お金!」

っていう答えが返ってくる確率はかなり高いと思うのですが、

皆さんはどうですか?

 

確かに、お金がないより、あるに越したことはないですね。

お金があれば

好きなもの・欲しいものを買えるし、

美味しいものを食べられるし、旅行にも行けるし・・・

 

では、その「根底」にあるものって、なんだと思いますか?

考えてみたことがありますか?

 

好きなものや欲しいものを買うことも

美味しいものを食べることも

旅行にも行けることも

 

嬉しいですよね。

幸せな気分になりますよね。

 

そうそう。

 

つまり、「根底」にあるものは、

お金を使うことで得られる「幸福感」「喜び」などの感情なのだと思うのです。

 

では次に・・・

 

「お金がたくさんあれば幸福ですか?」

「お金がなかったら不幸ですか?」

 

違いますよね。

 

使いきれないお金を持っていても欠乏感で一杯の方

お金がなくても日々幸福感で満たされている方

 

いますよね、そういう方々。

幸せの国「ブータン」の国民は裕福ですか?

違いますよね。

でも、国民は日々幸せいっぱいに暮らしています。

 

「お金がある=幸せ」ではないんです。

心が満たされて初めて「幸せ」なんです。

お金がなくても心が満たされていれば「幸せ」なんです。

 

「お金」は幸せの定義ではなく、

心が満たされ幸せになるため、心が豊かになるための

「様々な道具」を得るためのものなのではないかなーって。

 

本当の「豊かさ」とは何か?

 

それは、物質のあるない、お金のあるないなどに左右されることのないもの。

「心の豊かさ」だと思います。

 

私たちはつい「お金、お金」と執着しがちですが、

執着を手放して「心の豊かさ」にフォーカスしてみると、

心が落ち着いて穏やかに過ごせるのではないでしょうか。

 

さて、今回は

「お金がなくても心が豊かならいいんだ!」

ということを書きました。

そうは言っても「お金はあるに越したことはない」んですよね。

 

今後は「お金を稼ぐこと」「お金ってなんなのか」など

別の内容で書いていきたいと思っています。

関連記事

  1. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.11

  2. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.4

  3. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.8

  4. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.2

  5. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.12

  6. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.3

  7. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.9

  8. 【豊かさの本質】魂の分析屋の考察vol.5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。